スノーボードの練習方法は夏冬関係なく自宅でもできる

用具をそろえた方や初心者の方などは特に、早くゲレンデに行って楽しみたい!という気持ちを抱かれることでしょう。
とはいえ、毎日通うということは難しいものです。

上達を少しでもスムーズにしたいという場合、自宅でできる練習方法などはあるのでしょうか。
詳細について見ていきたいと思います。

ブーツの確認をしてみよう

そんなことをと思われるかもしれませが、ボードを安定化させるためにも事故や怪我を防ぐためにもブーツの紐をしっかり締める練習をしてみましょう。
基本的なことだからこそ練習をして慣れておきたいポイントでもあるのです。

バインディングの加減を確認しよう

バインディングの手袋をした状態で、操作ができるか確認をしてみましょう。
締めたり緩めたりがスムーズに行えるか否かというのは実践においては重要なポイントとなりますので自宅練習も有効的なのです。

足の安定度を知ること

どの程度締めればバインディングがしっかりとしてブーツが不安定にならないかというのを知っておくのもおすすめです。
この際、マジックなどで構いませんから目印をつけておくと初心者の方でもスムーズに進められることと思います。

基本姿勢をとってみよう

両足は肩幅より少し広めにとって直立しましょう。
そこから膝を曲げて腰を少しずつ落としていきます。
そして、両方の手のひらを太ももの真ん中においてみてください。
その状態のままさらに両手を太ももから話して軽く広げます。
この際、顔を進行方向にむけて、上体も軽く尾なし方向にむけて見ましょう。

こうした基本姿勢の練習は必ず実践で役立ってくれるかとも思いますので練習してみるとよいでしょう。
さらに、膝を曲げの母子しながら両手を下に向けて床を抑えるイメージをしてみるのもまたおすすめとなっています。

転び方のイメージをしておく

怪我無く試し無ためにも、無造作に転ぶのではなく、首を前に曲げてオヘソを見るように意識をするなども練習の1つとして取り入れてみるのも良いかと思います。

自宅でできる練習方法もたくさんある

このように、家の中でもできる練習はたくさんありますので1つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。
より一層楽しめることと思います。
特に初心者の方はゆっくりと確認をしながら練習を進めてみてください。