初心者がスノーボードの用具を揃えるなら初めが肝心

スノーボードを始めたいという場合、まずは用具を購入したいという方も多いでしょう。
レンタルなど行っている施設もありますが「自らの用具」を持つことによってさらにその世界観を楽しめるという声もあることと思います。
ここで、一般的に揃えておきたい用具について触れていきましょう。

ボード

まずはやはりボードが必要といえるでしょう。
「板」などと呼ぶこともあります。アルペン・フリースタイルなどいくつかの種類があります。
価格帯ですが、安いものですと1万円前後から提供されています。

バインディング

こちらは、ブーツとボードを固定する用具です。ビンディングなどと呼ぶ場合もあるでしょう。

ブーツ

ボード以上に気を使うという方も多いのがこのブーツなのです。
何種類かを履き比べて感触を確かめていただくことをおすすめします。
メーカーによつては、同じサイズであっても足がきついなどと感じるものがありますので、自分にぴったりのものを選ぶようにしてください。

ウェア

ワンピースタイプと呼ばれるものと、上下に分かれているセパレートタイプが人気となっています。
一見するとオシャレ要素も高いので、普段街などで見かけるようなダウンジャケットに見えるかもしれませんが防寒・防風・通気性・発汗製などの機能性が携わっているものがこのウェアなのです。
ですから、やはり購入させるのが良いでしょう。
男女共にデザインやカラーバリエーションが豊富ですし、さまざまなメーカーからリリースされていますので見た目の好みというものも追及していただけることでしょう。

グローブ

手袋です。
厚手のもののほうが防寒という点では安定感があるのですが、バインディングの着脱がしにくい場合もあるでしょう。
ですから、使い勝手という点においては適度に薄手のほうが良いともいわれています。
ミトンタイプのものも販売されていますが、5本指のほうが機能性はすぐれているようです。

楽しみながら揃えていこう

最低限の用具について触れていきましたが、スポーツをして楽しむということはもちろん、用具を揃えていくこともまた楽しみであり魅力の1つともいえるかと思います。
じっくりと吟味をしながら自らのベストを選んでみてはいかがでしょうか。